セキュリティーの充実で防犯意識の高い地域づくり

テレビのニュースでは毎日の様に様々な事件を報道しています。小さなお子さんや老人などの、力の弱い立場を故意的に狙う事件も多く、地域としてセキュリティーの充実とともに防犯意識を高めていく事が、犯罪者への抑止力になるのではと考えます。

共働き世帯も多く、一般家庭での協力には限界があり、最近は警備会社にパトロールなどを委託する地域も多くなりました。勿論、外注委託にはお金がかかる為、各家庭で協力負担していたり、各地域での工夫も様々なケースが見られます。ただし全国的に見ると、まだまだ一般家庭での防犯意識は低いように思われます。犯罪に巻き込まれ、自分や家族が被害者となってからでは遅いのです。それらを未然に防ぐ為にも、日頃から防犯に対する意識を高めたいものです。

現代では様々な防犯機器も多くなりましたが、やはり人的な防犯にはまだまだ敵いません。大手警備会社では、地域への防犯講習を実施してくれますので、そうした地域での取り組みも必要です。また防犯カメラなどを使用してのセキュリティーの充実も選択肢の一つです。

また最近、自動車の車上狙いを含む自動車盗難も増えています。そこで、自動車の防犯対策として有効なものを考えてみました。まず、車内には貴重品やかばんなど を置いたままにしないことです。そしてダッシュボードなどにスペアキーを置いてはいけません。また、たとえほんの短い時間でも、車から離れる際には窓を完 全に閉め、エンジンキーを抜き取り、ドアロックとハンドルロックしたことをしっかり確認します。

イモビライザーや警報装置を装着することも有効です。イモビライザーは自動車盗難を防止するための装置で、鍵から発信するIDコードと車両本体のIDコー ドが照合しないとエンジンが始動できないようにしたものです。合い鍵を使って自動車に侵入しても、エンジンを動かすことができないので盗難されにくいので す。そのほか、駐車場を利用するときは、防犯カメラや見通しがよく明るい照明設備があるなどの防犯設備の整った駐車場を選ぶことも大切です。

主婦の在宅ワーク貯蓄|FXシストレ比較|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|女性向けエステ.com|健康マニアによる無病ライフ|お家の見直ししま専科

PAGETOP
Copyright © セキュリティーと防犯カメラ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.